季節的な腰痛・体調不良対策!布団・マットレス・枕関連情報。

季節変化による体調への影響は、朝の目覚めの良し悪しに表れるもの!

寝室

日本は、世界的にも優れた四季豊かな自然環境を有する地域となっています。 春・夏・秋・冬の季節の移ろいと共に、”気温””湿度””紫外線量”などの環境要素も大きく変化。 また、同時に”梅雨””台風””春一番””雪”などの自然現象も多種多様な要素が存在しています。

そんな自然環境変化・季節変化は、多かれ少なかれ、そこで生活する人々に何かしらの影響を与えているもの。 特に「体調変動」という形で影響を受けることとなっています。

季節変化が豊かな日本で生活する私たちにとって、「四季の変化」「自然環境の移ろい」に上手く順応していくこと 、自然環境に応じた生活を心がけていくことは、とても大切な要素となるもの。「旬の食材を摂取する」といった ことも、そんな要素のひとつと言えます。

中でも重要な要素となるのが『良質な睡眠を得られるかどうか』ということ。朝目覚めたときに、心地よい目覚めと 感じるのか、それとも疲労が残っていたり、身体の痛みを感じたりするのかによって、その一日の体調の良し悪しが 決まってしまうような気がしませんか?!

季節変化による体調不良や身体の痛み(腰痛など)は、朝の目覚めの良し悪しで見極めることができそうです。

季節変化による腰痛・体調不良の対策として、季節に応じた睡眠環境を整えることが有効に!

寝室

季節変化(気温・湿度・紫外線・気圧などの変化)は、睡眠に大きな影響を与えるものと考えられています。 睡眠が阻害(入眠時、睡眠中、起床時)、良質な睡眠が得られなくなることによって、体調不良や腰痛などの体の痛みを 生じさせる・・これが、季節変化による体調不良の仕組みのひとつとなっています。

逆に考えれば、季節変化の悪影響(体調不良)を受けないようにするためには、その季節に応じた睡眠環境を 整えることが効果的な対策に。

明確な疾病などを有しているわけでもないのに、「なんとなく体調不良が続いている」「腰痛や関節痛を感じることが多い」 といった場合、季節変化に上手く順応していない・・特に、季節に応じた睡眠環境を作れていないことが、要因と なっている可能性もあるわけです。

当サイトでは、そんな四季の変化に伴う、腰痛・体調不良などを解消することに役立つ、「睡眠環境要素」に関する 各種情報をご紹介いたします。

季節変化とマットレス・敷布団に関する各種情報|睡眠の質を高める上で最も重要な要素に。

マットレス

睡眠環境要素の中で、最も身体への影響が大きいのが「マットレス・敷布団」です。一般的に、”羽毛布団を活用する”など 掛け布団にこたわる方は、多いようですが、マットレス・敷布団の性能・機能をきちんと理解している方は、案外、 少ないのかもしれません。

睡眠の質を高めるために、最重要要素となる「マットレス・敷布団」。近年、様々な機能性・特徴を有する商品が 開発されるとともに、人気の主役となっています。睡眠時の腰痛なども、適切なマットレス・敷布団を選択・活用する ことによって、解消できることも。

そんなマットレス・敷布団に関連した各種情報(商品、機能、特性、トリビア、使い方など)を 下記ページにて、ご紹介いたします。

>>>>季節変化とマットレス!通気性&保温性の記事ページはこちら!

季節変化と布団(掛け布団)に関する各種情報|季節に応じた”使い分け”が必要な要素。

布団

季節変化に応じた、対応として、多くの人が実践していると思われるのが「掛け布団の使い分け」です。 四季の豊かな日本においては、一年中同じ掛け布団を利用することは、難しもの。”暑さ””寒さ” の対策が重要な要素のひとつとなりますからね。

そういう意味で、季節変化に対して、重要な役割を担うのが”掛け布団”となります。そんな掛け布団に関する 各種情報(商品、機能、特性、トリビア、使い方など)を 下記ページにて、ご紹介いたします。

>>>>季節変化と布団!掛け布団の各種工夫の記事ページはこちら!

季節変化と枕に関する各種情報|体格(骨格・身長)に応じた適正が重要に。

枕

肩こり・首こり・腕の痺れなどを誘発する要因として、重要な要素となっているのが「枕」です。 枕が自分の体格・特性に適していないと、肩こり・首こり・腕の痺れを招くこととなり、頭痛など へと繋がっていくこともあるもの。

慢性的な肩こり・首こり・腕の痺れなどが、”不適切な枕の使用”が原因となっている可能性があることを 認識しておきたいものです。

また、案外、意識されていないものと思われますが・・。枕も季節変化に対する対策が必要な要素のひとつ でもあるんですよね。季節によって、枕を使い分けることも、体調を整える上で、とても有効な手段と なるもの。

そんな枕にに関する 各種情報(商品、機能、特性、トリビア、使い方など)を 下記ページにて、ご紹介いたします。

>>>>季節変化と枕!季節に応じた素材の工夫の記事ページはこちら!

季節変化による体調不良を防ぐためには、身体の柔軟性を保つことが効果的。

ストレッチ

季節変化の影響のひとつとして、筋肉・関節の可動域の狭くなるといった要素が挙げられます。 一般的には、夏の暑い季節となると、筋肉も緩み、冬の寒い季節となると筋肉が強張る・・その結果、 血行不良を誘発し、様々な身体的な痛み(肩こり、腰痛など)や体調不良に繋がっていくことが 考えられるんですね。

とはいえ暑い夏なら、問題は生じないのか・・というと、そうではなく、身体の柔軟性(筋肉・関節など)は、 夏の季節においても、失われてしまうことも少なくないもの。それは、筋肉の柔軟性は、「物理的(筋肉組織)」な もの以外に「脳からの指令・伝達」が大きく関わっているからです。

筋肉組織としては、柔軟性の有る状態であったとしても、「これ以上は、曲げられない」と思いこんでいると、 実際に、前屈などが上手く出来ないというケースも多々あるんですね。

また、体全体的には柔軟性があったとしても、局所的に筋肉の強張りなどが存在していると、体の痛みを生じやすい ものとなります。(局所的な背中の強張りが、腰痛などを引き起こすなど)。身体全体的なバランスが取れている ことも大切なポイントとなっています。

そんな季節変化による体調不良や局所的な痛みを防ぐために有効な手段となるのが「ストレッチ」。 多くの時間を割く必要などは無く、ちょっとした合間に、軽くストレッチをする習慣を付けるだけでも、 季節変化の影響を受けにくくなるものです。

ただし、ストレッチも闇雲に行うのは、逆効果となることも。こちら腰痛ストレッチ!効果的なストレッチと逆効果のストレッチの記事にもあるように、身体の痛みがあるときなどに、 不適切なストレッチを行うことは、症状を悪化させる要因ともなりますからね。適切な知識を得たうえで、ストレッチ は行うように心がけていただければと思います。

不眠症状には、3つの種類が存在!「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」

睡眠障害

寝不足・体調不良を招く、不眠症状には、大きく3種類の要素が存在しています。 それが「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」です。

入眠障害とは、なかなか寝付くことが出来ない症状を示すもの。中途覚醒とは、夜中に何度も目覚めてしまう症状 を意味しています。

早朝覚醒は、朝早くに目覚めてしまう症状。ただ、生活習慣や年齢的な要素から、早朝に 目覚めやすくなるケースもあることから、日中眠気に襲われるようなことがなければ、不眠症状に繋がる早朝覚醒 ではないと考えていただければと思います。

この中で、季節変化による不眠症状となりうるのが、「中途覚醒」と「早朝覚醒」です。なかなか寝付くことが出来ない (入眠障害)といった症状に関しては、季節変化以外の要因(生活習慣など)が対象となっているものと考えられます。

布団・マットレス・枕CONTENTS!寝具関連情報。

インフォメーション。